診療内容

精神科・心療内科ってどんなところ?

日本では精神科と心療内科が区別されていることが多いですが、どちらもこころの問題を扱う診療科です。米国では心療内科も精神科の診療領域に含まれます。まだまだ日本では怖いイメージを持たれることが多い精神科ですが、米国では一般内科や家庭医療科、小児科などと同様、誰でも気軽に受診する一般的な診療科の一つと位置づけられています。 また、米国ではサイコセラピー(心理療法)と呼ばれる対話を用いた治療、いわゆるカウンセリングも非常に盛んで、ちょっとした悩み事でもすぐに受診して相談する文化があります。小さな悩みごとや症状でも構いません。日本では受診をためらっていた方でも、米国では是非気軽に受診していただきたいと思います。

コンサルテーション

初回コンサルテーション

問診

初回のコンサルテーションは1時間程度時間をかけてゆっくりお悩みの症状について伺います。コンサルテーションは医師と1対1で、和やかなリラックスした雰囲気の中で行われます。また、多角的にこころの問題を評価するため、これまでのこころや身体の病気や不調の有無・治療歴について、生い立ちから今までの生活歴、過去から現在の人間関係、現在のライフスタイルなどについて一通り質問します。もちろん、初対面ではお話ししにくいこともたくさんあると思います。決して無理に全ての質問に答えていただく必要はありません。なお、医師には法律により守秘義務が課せられており、診療内容に関する秘密は厳守されます。診療内容を患者さんの許可なく第三者にお話しすることは決してありません。 今まで誰にも話せなかった悩み事も、安心してお話しいただけます。

血液検査、画像検査など

こころの不調の原因は精神的なものだけとは限りません。身体の不調や思わぬ身体の病気が原因となっていることがしばしばあります。米国での精神科医としての経験だけでなく、日本で総合診療医としての経験も有する医師が問診後、必要に応じて血液検査や画像検査を行い、体の病気や不調が隠れていないかどうか調べます。一般的な健康診断では発見されにくい各種ビタミン・ミネラル不足やホルモンバランスの崩れ、感染症、自己免疫疾患などがこころの不調の原因となっていることもあるため、こうした病気の有無も必要に応じて調べます。

治療方針の提案

お薬の処方、心理療法(サイコセラピー、カウンセリング)、生活習慣の改善、食事栄養指導、運動指導などから、患者さんにあった治療法をご提案し、話し合いながら治療を進めていきます。必要に応じて外部のサイコセラピスト、カウンセラーや他科専門医とも協力して治療を進めていきます。

セラピー

お薬の処方

診察の結果、薬による治療が効果的と判断される場合には薬の処方を行います。薬の処方はなるべく必要最小限にとどめます。米国と日本の両方の医師免許を持つ医師がそれぞれの患者さんにとって最適な処方を行います。現在内服されているお薬に関しても是非お気軽にご相談ください。

心理療法(カウンセリング・サイコセラピー)

お薬の処方だけでなく、心理療法(サイコセラピー・カウンセリング)も行っています。医師との安全な人間関係のなかで感情や思考をプロセスしていくことにより、症状の背景にある心理的な葛藤から解放され、本来の自分らしく自由に生きられるようになることを目指します。医師が特定の価値観や考え方を一方的に患者さんに押し付けることは決してありません。

以下のような方に特にお勧めの治療法です

  • 症状の背景にある自分自身の性格や人間関係の問題につい解決したいと思っている方
  • 長期間薬の治療を受けているがなかなか良くならない方
  • 薬の治療のみに頼りたくない方
  • 思考や行動の悪い癖を治したい方
  • 根本から治したい方
  • 過去の心理的なトラウマに悩まされている方

サイコセラピー・カウンセリングのみに通われている方もたくさんいらっしゃいます。ちょっとした悩みごとでも構いません。よりよく生きるため、自分自身をみつめるため、という理由でも結構です。是非お気軽に受診してみてください。

心理療法

遠隔診療

遠方にお住まい 、旅行中、怪我や病気、などの理由でオフィスに診療へいらっしゃることが困難な方のために、プライバシーを厳重に保護できる遠隔診療サービスを提供しています。お薬の処方も可能です 。パソコン、タブレット、またはスマートフォンに無料のソフトウェアをダウンロードしていただくだけで簡単に利用できます。画面を前に通常の対面診療と同じ感覚で受診していただけます。米国外にお住まいの方もご利用可能です。詳しくはオフィスまでお問い合わせください。

※ 米国内の場合、お住まいの州の法律により遠隔診療サービスを提供でいない場合があります。まずはご相談ください。
※ 一部の規制処方薬はオンラインでは処方できない場合があります。

こころの病気とは?

うつ病、双極性障害などの気分障害

うつ症状
(気持ちが沈む、常に悲しい、興味・喜びの喪失、食欲減退・亢進、不眠・睡眠過多、疲れやすい、集中力の低下、エネルギー喪失、精神運動の制止、焦燥感、罪悪感、自殺願望など)

そう症状
(気分の異常な高揚、自尊心の肥大、睡眠欲求の減少、しゃべり続ける、早口になる、次から次へとアイデアが浮かんで思考がまとまらない、注意散漫、活動量の増加、快楽的活動への傾倒など)

適応障害

特定の状況、対人関係への不適応に伴うストレス、気分の落ち込み、不安、行動の異常など

うつ症状

不安障害

  • 各種恐怖症(閉所恐怖症、高所恐怖症、 対人恐怖症、あがり症など)
  • 全般性不安障害(特定の対象がなくあらゆることに不安を抱く)
  • パニック障害(動悸、息苦しさ、発汗、震え、めまい、手足の痺れなどのパニック発作を繰り返す)
  • 強迫性障害(強迫観念や何度も施錠を確認するなどの強迫行為を伴う)
  • 心的外傷後ストレス障害(強い心理的なストレスの後に生じる

不眠症、過眠症などの睡眠障害

寝付けない、夜中に何度も目が覚める、早朝に目が覚めてしまう、長時間眠っても眠気のため朝起きられない、日中の過度の眠気など

不眠症

摂食障害

拒食、過食、極端なやせ願望、過激なダイエット、食べた物を意図的に吐くなど

身体表現性障害

心身症、自律神経失調症とも呼ばれ、精神的な原因に伴う身体的な症状(医学的な検査で異常が全く認められないにもかかわらず、めまい、痛み、しびれ、麻痺などの体の症状がある場合)

処方薬(睡眠薬、痛み止め、鎮静剤)、アルコール、タバコ、マリファナ、覚醒剤、コカイン、ヘロイン、幻覚剤などの乱用、依存

アルコール、タバコ、ヘロイン、麻薬鎮痛薬、コカイン、覚醒剤、幻覚剤、マリファナなどの乱用・依存(止めたくても止められない、止めようとすると禁断症状が出現する、薬物の使用のため生活に著しい支障が出ている)

アルコール依存症

統合失調症及び他の精神病性障害

実際には存在しない音や声が聞こえたり物や人が見えたりする幻聴や幻視、事実とは異なることやあり得ないことを固く信じ込む妄想(被害妄想、恋愛妄想、誇大妄想など)、常識から大きく逸脱した奇異な行動、理解不能な発言・考えなど

認知症、せん妄、健忘などの認知障害

記憶障害(物忘れ)、見当識障害(場所や時間、人物がわからなくなる)、失語(言葉が出てこない、理解できない)、失行(今まで出来ていた動作ができない)、失認(今まで分かっていた対象を認識できない)、実行機能の障害(計画を立てたり、物事を順序立てたりすることができない)など

発達障害

発達の遅れ、コミュニケーションの障害、限局した反復的な行動、など

ADHD(注意欠如・多動障害)など

集中できない、ぼんやりしている、ケアレスミスが多い、落ち着きがない、衝動性、など

人格障害

人格の偏りにより社会生活、対人関係に著しい支障をきたしている状態

性障害及び性同一性障害

心と体の性別の不一致、勃起不全・性生活の不和などの性機能障害、特殊な性癖など

衝動制御の障害

病的な盗癖、予測不能な感情の爆発など

       予測不能な感情の爆発など

解離性障害

突然人格が入れ替わるなどのいわゆる多重人格、過去の特定の体験の記憶が抜け落ち思い出せないなど

内科的な病気に伴うあらゆる精神症状